共同生活のルールとは

シェアハウスとは、複数の人達がひとつの住居に住み生活することで、各々の部屋はあるもののリビングやキッチンやバス、トイレなどは共有部分になっている居住スタイルをいいます。
共同生活を送る上ではそれなりにルールがあるものです。
共同生活のルールを大きく分けると『生活面でのルール』と『お金面でのルール』があります。
それぞれの例を見てみましょう。


まず『生活面でのルール』は、恋人を連れ込まない、連絡事項の書けるボードを設置する、自分の友人を呼ぶ時には他のメンバーに事前に連絡をする、共有部分の掃除は分担制にする、食材や調味料などで共有できるものを決めておく、喫煙・禁煙を守るなどです。


『お金面でのルール』は、一般の共同生活の場合、毎月の光熱費の精算方法を決めておく(定額制など)、家賃や消耗品の精算方法を決めておくなどが重要となりますが、シェアハウスでは管理会社がそれらお金に関することは全て担っていることが多いです。


上記のルールは一部の例であるため、全てのシェアハウスがこのようなルールとは限りませんし、もっと細かいルールがあるところも多いでしょう。
居住を決める前に事前にルールや費用のチェックをすることはとても重要です。
また、共同生活のルールで最も重要なことは他人を干渉しないということです。


自分ひとりが暮らしている空間ではないため、他人の行動や言動など些細なことが気になってしまいがちですがトラブルの原因になることもあるので、お互いがルールを守って暮らしているのであればそれ以上の干渉は避けるべきです。


Copyright © 2014 シェアハウスが人気の理由 All Rights Reserved.